脱毛

将来に備えて始めるメンズ脱毛

  • LINEで送る
young-to-old-post

メンズ脱毛MAX博多駅前店の対馬です。

 

今回は社会的な切り口で脱毛を語ります。

young-to-old-post

ボクは常々、

「脱毛をしたいなら、どんな部位でも、
どんな方でも、何歳の方でも大歓迎」

を謳い文句にしています。

『自分みたいな人が脱毛しに来るとか
恥ずかしいんですけど…』

のようなことを言うお客様がたまに
いらっしゃるんですが、そんなこと
考える必要は全くありません。

したいからする。

シンプルにそれでいいと思っています。

身だしなみのためにする脱毛も、
コンプレックスを解消するためにする
脱毛も、どちらもどんな年齢から始めても、
誰にも文句を言われる必要はないからです。

 

何故敢えて「将来に備えて」と書いたか
というと、ここが社会的な切り口に関わる
からです。

 

日本が高齢化社会に突入してからもう
随分経ちます。

当サロンのお客様にも、介護・福祉関係
の施設で働かれている方が多いです。

そんなお客様から聞いた話ですが、
トイレのお世話をする際、股間の陰毛
が非常にクセモノであるそうで。

認知症になってしまった方などが、
トイレに行けずにそのまま排泄して
しまい、そのことにも気づかずに
時間が過ぎたりしたときが一番大変
とのことでした。

陰毛に絡んだ排泄物をキレイにする
って、ホントに大変そうです。

 

そこで、そうやって介護される立場に
回る前に、VIO脱毛をしてしまって、
せめて下の世話だけは迷惑をかけずに
老後を過ごしませんか?という
アイディアが生まれたワケです。

VIO脱毛はそのメリットの多くから、
どちらかというとナイトライフに
偏ったイメージを持たれることが
あります。

また、衛生面・清潔感の維持という
側面は持っていますが、老後の心配
までには話が及んでいないことが
多いです。

でも、全ての人に等しくこの問題は
関わってきます。

もしアナタが将来独り身であることが
容易に予想され、身内に頼りにできる
人もいないようなら、将来に備えて
VIO脱毛をしておいてもいいのでは
ないでしょうか。

誰もが避けては通れない老後の心配を
一つでも若いうちから解決できるなら、
脱毛する価値はありますよね?

 

メンズ脱毛MAX博多駅前店では、
お客様の半数がVIO脱毛のために
毎月通ってくださっています。

その施術・効果には絶対の自信が
あります。

僕自身もVIO脱毛を現在進行形で
行っているので、お客様とより近い
目線でお話ができます。

興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせは、メール、あるいは
LINE@にて、24時間受付中です。

▼メール▼
max.hakataekimae@gmail.com

▼LINE@▼
hktlineat

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)